スペーシアMK32S運転席側ドアトリムの外し方・ばらし方法

suzuki

ここではスペーシアMK32S運転席側ドアトリムの固定箇所、取り外し手順、必要工具、交換部品を紹介します。

 

スペーシアMK32S運転席側ドアトリムの取り付け箇所

スペーシアMK32S運転席側ドアトリムの取り付け箇所と配線カプラー位置

■ドアトリム本体の取り付け箇所

  • 赤色丸位置:クリップ9箇所
  • 黄色丸位置:タッピングスクリュー2箇所
  • オレンジ囲み位置:ドアトリム上部はめ込み部

■ドアトリム配線カプラー:水色四角塗りつぶし部位2箇所

  • ドアミラー操作用配線カプラー
  • パワーウィンドマスタースイッチ配線カプラー

 

スペーシアMK32S運転席側ドアトリムの取り外し手順

運転席側ドアトリム(以下、ドアトリム)を取り外していきます。

先ずは、

◇ドアミラーインナーカバーを外します。

内装剥がしツールを利用して、ドアミラーインナーカバーのクリップを外します。

ドアミラーインナーカバーは、クリップ1点で留まっています。

下記写真

赤丸位置(ドア側):ドアミラーインナーカバークリップ差し込み位置になります。

次にドアトリムを留めている

◇タッピングスクリュー2点をプラスドライバーで外します。

1点目:ドアインナーハンドル部

2点目:ドアポケット内

黄色丸位置のタッピングスクリューの2箇所は外しましたので、

赤丸位置:クリップ9箇所を内装剥がしツールと手を使い取り外します。

ドアトリムの下側サイドより、内装剥がしツールを差し込み隙間を作ります。

下記写真

  • 隙間に、更に内装剥がしツール(二股)を差し込み
  • 赤丸位置クリップに差し込み、テコの要領でクリップの篏合を外します。

クリップの篏合が外れると、

  • 手を入れる隙間ができます。
  • 赤丸クリップ位置に近い所に手を入れます。
  • 手前(自身側)へ引っ張ります。

赤丸位置クリップの篏合を1個づつ(下から上方向へ)外していきます。

下記写真

クリップの篏合を全て外した状態です。

下記写真

オレンジ四角囲み部のはめ込みを取り外します。

オレンジ四角囲み部を

赤色矢印方向に引っ張ると、ドアトリム上部のはめ込みが外れます。

下記写真が、ドアトリムのはめ込みが外れた状態です。

  • 黄色矢印:ドアアウターベルトモール
  • オレンジ四角囲み部:ドアアウターベルトモールにドアトリムが差し込まれています。

ドアアウターベルトモールに、ドアトリムが差し込まれる事により、固定される構造です。

ドアトリムの

  • 篏合クリップ
  • 上部はめ込み
  • タッピングスクリュー  

取り外しが出来ました。

◇次に配線カプラーの取り外しとなります。

下記写真の

水色四角塗りつぶし部位の2箇所が、配線カプラーの取り付けになります。

下記写真の

赤色囲み部が、配線カプラーが結合されている状態です。

下記写真:ドアトリム裏側になります。

  • 赤色丸囲み部:パワーウィンドマスタースイッチ配線カプラー(黒)
  • 赤色矢印:配線カプラー差し込み方向(抜き方向は逆です)
  • 青色丸囲み部:ドアミラースイッチ配線カプラー(白)
  • 青色矢印:配線カプラー差し込み方向(抜き方向は逆です)

配線カプラーを抜きます。

下記写真:ドアトリムが取り外された状態になります。

緑色丸位置:ドア側クリップ篏合穴になります。(9箇所)

注意

  • ドアトリムを外した際に、ドア側にクリップが残っていないか確認します。
  • 下記写真では、左下赤丸部位にクリップが残っています。

クリップを外すツール(リムーバー)を使用して、クリップを外しドアトリムに取り付けておきます。

下記写真:ドアトリム裏側

  • オレンジ四角囲み部:ドアアウターベルトモール噛み込み部
  • 緑色丸位置:ドアトリムクリップ
  • 水色四角囲み部:配線カプラー

 

スペーシアMK32Sドアトリムばらしに使用する工具

・プラスドライバー

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥821 (2021/09/23 08:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

・内装・内張り・パネル 脱着工具 クリップクランプツール 

 

スペーシアMK32Sドアトリム脱着に交換必要なパーツ

・リベットクリップ:9個

取り外し時のクリップ破損の予備として用意しておくと便利です。

コメント