スペーシアMK32Sコンビネーションメーターの外し方・ばらし方法

suzuki

 

ここではスペーシアMK32Sコンビネーションメーターの固定箇所、取り外し手順、必要工具、交換部品を紹介します。

 

スペーシアMK32Sコンビネーションメーターの取り付け箇所

スペーシアMK32Sコンビネーションメーターの取り付け箇所と配線カプラー位置

■コンビネーションメーター本体の取り付け箇所

⋄コンビネーションメーター表面

  • 黄色丸位置:プラスタッピングスクリュー左右1箇所づつ(計2箇所)

⋄コンビネーションメーター裏面

  • オレンジ四角部位:クリップ左右1箇所づつ(計2箇所)

■コンビネーションメーター配線カプラー位置

◇コンビネーションメーター裏側

  • 紫四角部位:1箇所

になります。

 

スペーシアMK32Sコンビネーションメーターの取り外し手順

コンビネーションメーターを外す前に下記事項を行って下さい。

■バッテリーのマイナス端子ターミナル取り外し

その理由として

コンビネーションメーターを取り外す際には、エンジンキーをOFFしますが、繋がれていた配線カプラーを取り外すことにより、回路の電気流れが変わり誤作動する可能性を防ぐ為です。

バッテリーマイナス端子ターミナルの取り外します。

上記写真:バッテリーマイナス端子ターミナルへ工具を掛けた状態

注意点

  • エンジンキーはOFFの状態で作業を開始します。
  • ACCやONの状態であれば、必ずOFFにしてから作業を進めます。

エンジンルーム内にあるバッテリーマイナス端子ターミナルを取り外します。              (赤のカバーが付いている方はプラス端子)

■取り外し端子:バッテリーマイナス端子ターミナル:10mm

  • 10mmメガネレンチや10mmボックスレンチを使用します。
  • バッテリーマイナス端子を止めているターミナルを緩めてバッテリーから取り外します。

上記写真:バッテリーマイナス端子よりターミナルを取り外した状態

■車内にて、コンビネーションメーターの取り外しを進めて行きます。

※下記ばらし説明に掲載しております写真には、状況を分かり良くする為、バッテリー端子を繋いで撮影しております。コンビネーションメーターの配線取り外しには、バッテリーマイナス端子ターミナルを外してからの作業をしております。

下記写真

赤色矢印:コンビネーションメーターバイザーになります。

コンビネーションメーターバイザーを取り外すと、コンビネーションメーター本体の取り付けが見えます。

下記写真の

赤色矢印で囲まれた部品が、コンビネーションメーターバイザーになります。

  • コンビネーションバイザーは、全てはめ込みになります。
  • 内装を剥がす為のツールがあると取り外しに便利です。

注意点

内装部品に関しては、樹脂パーツになりますので、気候による温度変化により部品が収縮します。特に冬場や気温が下がる季節に於いては、部品が縮むため、無理に取り外しをおこなうと、部品の割れや白化が起こりやすくなります。

  • 冬場などの気温が低下する時期の作業は、ヒーターで車内温度を上げてから作業をおこなってください。
  • 部品が破損した場合は、部品交換になりますので、慎重にゆっくりと作業を進めてください。

先ずは、

下記写真:フロントピラーガーニッシュ(赤色矢印)を取り外していきます。

下記写真参照

  • 赤色矢印のドアオープニングトリムを引っ張り、取り外します。
  • 青色丸部位に、フロントピラーガーニッシュのクリップ(4箇所)があります。

緑色矢印側から見たビューが下記の写真になり、

クリップリムーバーを使い、クリップを浮かせていきます。

1箇所クリップが外れれば

フロントピラーガーニッシュとフロントピラー(ボディ)の間に隙間ができます。

  • 隙間のクリップ位置付近(青色丸位置)に指を入れ、1箇所づつ手で引っ張ります。

注意

  • クリップ付近に指を入れて引っ張ると、クリップが外れやすくなります。
  • 無理に引っ張ると、部品の破損や白化の可能性がありますので、慎重に作業を進めてください。
  • クリップが外れにくい場合は、クリップリムーバーを使用してください。
  • 冬場など気温の低い季節での作業は、必ず車内温度を上げて部品が暖まるまで待ってから、作業を進めて下さい。気温が低い場合、部品が収縮しており、破損の可能性が高くなります。

フロントピラーガーニッシュが外れました。

下記写真を参照

■赤色丸位置:フロントピラーガーニッシュのクリップが差し込まれる位置になります。

注意点

  • クリップがフロントピラーガーニッシュから外れ残る可能性があります。
  • クリップがボディ側に残った場合には、クリップを取り外して、フロントピラーガーニッシュに取り付けをしてください。

下記写真にて

  • クリップが残った場合は、ノーズプライヤーを使用します。

緑色矢印から覗いたビューが下記の写真になります。

  • 黄色矢印:コンビネーションメーターバイザー
  • 赤色矢印:インパネとコンビネーションメーターバイザーとの合わせ部

下記写真にて

■インパネセンターにあるナビゲーションパネルを取り外していきます。

  • 緑色矢印:ナビゲーションパネル
  • 黄色矢印:フレッシュエアダクト
  • 赤色矢印:インパネとコンビネーションメーターバイザーとの合わせ部

■2つの部品を、内装剥がしツールと手で外していきます。

ナビゲーションパネルとフレッシュエアダクトを外す事により、コンビネーションパネルとインパネの合わせ部を露出していきます。

ナビゲーションパネル上部とインパネとの隙間に、内装剥がしツールを差し込み隙間を作ります。

  • 上記で出来たインパネとナビゲーションパネルの隙間に指を入れます。
  • 手前(自身側)へ引っぱる事で、クリップの篏合が外れ、ナビゲーションパネルが外れます。

ナビゲーションパネル裏側には

  • 赤色丸位置:クリップ3箇所
  • 黄色丸位置:インパネへの差し込み爪
  • 赤色矢印:ハザードスイッチ配線カプラー

が取り付けられています。

ナビゲーションパネル裏の

赤色矢印のハザード配線カプラーを取外し、ナビゲーションパネルを外します。

下記写真を参考に

■フレッシュエアダクトを取り外します。

  • 内装剥がしツールを差し込み、隙間を作ります。
  • フレッシュエアダクト裏には、赤色丸位置に爪が3箇所あります。
  • 爪はインパネ側に篏合されており、3箇所の篏合を外せば、フレッシュエアダクトが外れます。

内装剥がしツールで徐々に爪を浮かせ、手前(自身側)へ手で引っ張ります。

下記写真は

フレッシュエアダクトの爪位置(3箇所)になります。

赤色丸位置が、インパネ側フレッシュエアダクト爪の差し込み位置になります。

これでコンビネーションメーターバイザーを取り外す為の、周辺部品が外れました。

■コンビネーションメーターバイザーを取り外します。

下記写真を参考に

フロントピラー側

  • 手でコンビネーションバイザーを持ち、手前(自分側)へ引っ張り隙間を作ります。
  • インパネとコンビネーションバイザー合わせ目に、内装ツールを差し込み隙間を作ります。

内装剥がしツールを使用して、隙間を徐々に広げていきます。

全体的に隙間が出来てきました。

隙間に指先を入れて、手前(自身側)へ引っ張ります。

更に、隙間に入れる指位置を変えて、手前(自身側)へ引っ張ります。

コンビネーションメーターバイザーが、外れてきました。

下記写真

コンビネーションメーターバイザーを取り外した状態です。

下記写真参照

赤色丸位置に、

  • コンビネーションメーターバイザーの爪とクリップが差し込まれ篏合されていました。
  • 9箇所の爪と1箇所のクリップで篏合されています。

下記写真は

コンビネーションメーターバイザーの裏側になります。

  • 赤色丸位置:9箇所の爪
  • 黄色丸位置:1箇所クリップ

計10個所により、コンビネーションメーターは、インパネと篏合されています。

下記写真が、コンビネーションメーターになります。

  • 赤色丸位置:プラスタッピングスクリュー左右1個所づつ(計2箇所)
  • 黄色丸位置:メーター裏クリップ左右1箇所づつ(計2箇所)

■コンビネーションメーターの取り外し

  • 赤丸位置のプラスタッピングスクリューをプラスドライバーで外します。(2箇所)
  • コンビネーションメーターサイドを両手で持ちます。
  • 手前(自身側)へ引っ張り黄色位置のクリップを外します。

下記写真は、コンビネーションメーターの取り付けが外れた状態です。

下記写真が、コンビネーションメーター裏になります。

  • 黄色丸位置:コンビネーションメーター取り付けクリップ
  • 緑色丸位置:コンビネーションメーター配線カプラー

■コンビネーションメーター配線カプラーを外します。

注意

※写真では、解説用にバッテリー電源を繋いでおりますが、コンビネーションメーターカプラーを外す前に、バッテリーマイナス端子ターミナルを外して下さい。

コンビネーションメーターが外れました。

  

スペーシアMK32Sコンビネーションメーターばらしに使用する工具

 ・ラジオペンチベントノーズタイプ

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥2,709 (2021/09/24 03:01:51時点 Amazon調べ-詳細)
  • めがねレンチ 
created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥900 (2021/09/24 03:01:51時点 Amazon調べ-詳細)
  • 内装・内張り・パネル 脱着工具 クリップクランプツール 

 

スペーシアMK32Sコンビネーションメーター脱着に交換必要なパーツ

特にありません。

コメント