ジムニーJB23Wフロントドアトリム(内張り)外し方・ばらし方法

suzuki
車ばらし.com

ジムニーjb23wのフロントドアトリムの取り外し方を紹介します。他車種に比べて難しい取り付け方はしていないのでネジさえ外していけば外れるという印象です。

締め付けトルク.comにてジムニーjb23の足回り締め付けトルクが紹介されているのでそちらも是非ごらんください。

ジムニーjb23wフロントドアトリム(内張り)の取り付け箇所

ジムニーjb23wのフロントドアトリム(内張り)のクリップ、ネジの箇所はざっとこんな感じです。

・ドアハンドル上の穴の奥(赤矢印)にネジが1本
・取っ手の上下の四角いカバーの中(赤矢印)にネジが1本ずつ
・右上の黄色矢印部分にクリップ
・緑色の〇マーク部分にトリムクリップ

があり、トリムを完全に外すには他にもパワーウィンドウスイッチのコネクター縁切り、右上の黒いドアミラーカバーの取り外し等が必要になってきます。

 

ジムニーjb23wフロントドアトリム(内張り)取り外し手順

右上のクリップ(プッシュリベット)を外す

右上にあるクリップ(プッシュリベット)を外します。真ん中を細いマイナスドライバーなどで押し込むと簡単に外れます。真ん中だけ簡単にドアの中に落ちていってしまうので押し込み過ぎないよう注意します。

クリップ中央を少し押し込みカチッといったらクリップクランプツールを使い外します。

クリップは外すとこんな形をしています。今回のトリムを外す作業でクリップの一部が割れてしまったので交換が必要になりました。

右上のドアミラーカバーを外す

ドアミラーの室内側に位置する三角形のカバーを外します。プラスチックリムーバーを三角カバーの上側の隙間から差し込みこじてやれば外れます。

外れました。三角カバーの裏側はこんな感じになっています。

ドアハンドルのネジを外してフリーの状態にする

ドアインナーハンドルのすぐ上の穴の奥にいるネジを外します。

ネジが外れたら、ドアハンドルを右へスライドさせます。

スライドさせたら手前に外してフリーの状態にします。

取っ手(持ち手)を外す

取っ手の上下の四角いネジ穴カバーを細いマイナスドライバーでこじて外します。

ネジを外します。

下のネジも同様に外すと取っ手はポロっと外れてきます。

手でトリムを剥がしていく

ドアトリム前下かどの隙間から手を入れて少し強めに引くとドアトリムクリップがバリバリっと勢いよく外れてきます。

ドアトリムクリップがすべて外れたら上側がドアパネルに引っかかっているので上へ持ち上げ外していきます。

ドアトリムからドアハンドルを抜きます。知恵の輪みたいになってるのでちょっとコツが要ります。ドアトリムを回転させる等して頑張って抜きます。

パワーウィンドウスイッチを浮かしてコネクターの縁切りをする

今回パワーウィンドウスイッチのコネクタを先に縁切りしておくのを忘れていました。この状態でコネクタを外すのは大変だったのでパワーウィンドウスイッチをドアトリムから浮かせて表からコネクターを外しました。

ドアトリム裏側から手を突っ込み赤矢印部分のツメを手で押してあげるとスイッチがポコっと浮き上がって外れます。

ドア内張りからパワーウィンドウスイッチをコネクタごと引っ張り出せたらコネクタの縁を切って完了です。これでトリムはずれました。

完了

ドアトリム(内張り)はこんな感じになっています。

ドアトリムクリップはこんな形です。たまに壊れることがあります。

 

ジムニーjb23wフロントドアトリム(内張り)ばらしに使用した工具

ジムニーjb23wのフロントドアトリム(内張り)をばらす際に使用した工具達はこちらです。左から順番に

・KTCクリップクランプツール アングル中

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥2,300 (2021/09/24 00:04:19時点 Amazon調べ-詳細)

・KTCプラスドライバー№3

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,073 (2021/09/24 00:04:20時点 Amazon調べ-詳細)

・KTCプラスドライバー№2

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥736 (2021/09/24 03:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

・PB SWISS TOOLSマイナスドライバー

・KTCハンディリムーバー中サイズ

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥647 (2021/09/23 08:51:35時点 Amazon調べ-詳細)

です。

 

ジムニーjb23wフロントドアトリム(内張り)脱着に交換が必要なパーツ

最初に外したドアトリム右上に付いていたクリップは壊れやすいので交換が必要になる可能性が高めです。

ドアトリムクリップも壊れることがあるので用意しておいた方が無難です。デッドニングする際はすべての箇所新品にすることをお勧めします。

コメント